一味違ったポップになるミニのぼり

売り出し中の商品をオススメしたい時やレジなどに置くポップというと、アクリル板に挟んでいる物や三面に印刷されおられた物が一般的です。

これらは、安価であるというメリットの一方、見慣れた感が強く目新しさが少ないことがデメリットになります。

目新しさが少ないということはそれだけ見飽きてしまっていることなので、見過ごされる可能性が大きく、想像するよりも大きなデメリットになってしまいます。

一方、目新しいポップは目を引くという観点では非常に有効なのです。

目新しい物が視界に入ると、人間は自然と注視して見てしまう習性があります。

そんな効果を前面に出すのであれば、ミニのぼりを活用するという方法も良いでしょう。

一般的なのぼりは、お店などの駐車場に立っている大きなものがほとんどです。

それが、小さくなりレジや卓上に置いてあると目新しいため目を引き、ポップとしては効果抜群です。

このミニのぼりには、卓上タイプとクリップタイプがあり、用途や場所に応じて選択でき便利です。

卓上タイプは、一般的なポップと同様な使い方ができます。

更にクリップタイプだと、棚などに挟み込むことができるのでスペースが無い場合でも宣伝することが可能です。

ミニのぼりは販促だけでなく、職場などでも活用できます。

目標などを示しても良いでしょう。

仕事のミスを減らすために「書類確認」などの確認事項をポップにしてみても効果的です。

のぼりの内容も変更可能で、紙で作成することも可能なので想像しているよりも手軽に始めることができます。

TOP