結婚式の席札を手作りしてオリジナル

結婚式の披露宴会場で参加者の席に置くためよく目につくのは席札です。

これは持ち帰ることもできるので、参加者が結婚式の記念として持ち帰ることも少なくありません。

このような席札を手作りすることは、結婚式のオリジナル性をさらに特化させることになりますし、kamizukanで綺麗な用紙を選ぶことで持ち帰りたいという参加者が増えます。

費用をかけて作るなら、持ち帰りたいと思われるような席札を作ることが大切になります。

紙の画像や色は実際に見ると環境によっては実物と違うこともあるので、気になるときはサンプルを取り寄せて確認することができます。

無料で発送してもらうことが可能ですし、お試しセットもあるので自分で実際に確認しながら紙質も確認することが可能です。

もし資料やお試しセットに含まれていない紙を試したいときは、kamizukanに問い合わせることで郵送してもらえる可能性もあります。

紙の厚さは大きく分けると3タイプで、薄めと中間から厚手があります。

厚めのものが札としては推奨されており、しっかりとした作りになるので安定した形でテーブルの上に置くことができます。

また同じ紙質でハガキとしても使えるので、同じもので揃えると統一感も生まれます。

もし細かく折り込むような装飾をするときは厚めのものは、扱いにくいので薄めのものをチョイスすれば簡単に作ることが可能です。

名前などの印刷は家庭用のプリンターで行うことができる素材ですが、難しい時には依頼することもできます。

TOP